top7


 新年明けましておめでとうございます。『ゲーハー黙示録』管理人のAA厨です。

 去年は当ブログをご愛顧いただきありがとうございました。今年もマイペースで更新作業を頑張りますので、変わらぬお引き立ての程をよろしくお願いいたします。


◆2018年・AA厨の印象に一番残ったゲームソフト

●レッドデッドリデンプション2

1-

 『無法者の最期』へと続く物語──ダッチギャングの衰退と崩壊。アメリカという国家の興隆とは正反対に落ちぶれ、逃げ続けるストーリー。どれだけ抗おうと、もがこうと、死から逃れられる者が存在しないように、無法者の凋落は既に確定された「過去」であった。

 ならば彼らは時代の徒花だったのか? それは違うと断言できる。焚き火に爆ぜた木炭の如き末路でありながら、しかし確かに重く、仄かな灯りと暖かさを放つそれは、時代の狭間に生き、駆け抜けた者たちの「命の残滓」そのものに他ならない。歴史書の一文に終わる来歴であっても、刹那に生きる者にとってはその一瞬こそが永遠であり、全てだったのだ。彼らの遺した種もまた、大地に根付き、芽吹き、次の世代へと継承されていく。

1

 生と死、破壊と再生、終わりと始まり。幾度となく繰り返されてきた生命の営みが、このゲームには丸ごと内包されている。ゲームを終えた時、私の心に残ったのは多大な痛み、そしてわずかばかりの温もり──それこそが私に植え付けられた種であり、アーサーやジョン、ダッチ、ホゼア──彼らの「生きた証」だった。


 オンラインは見知らぬ奴に粘着されて殺され続けたのでクソ。


 2018年は個人的に「RDR2」をはじめ「スパイダーマン」「ゴッドオブウォー」「アサシンクリードオデッセイ」など洋ゲーが強かった年という印象でしたが、2019年は「エースコンバット7」「キングダムハーツ3」「バイオハザードRE2」、「隻狼」「デビルメイクライ5」など和ゲーが
1月からフルスロットルという感じでとても楽しみですね!!

 では改めまして、2019年も『ゲーハー黙示録』をよろしくお願いします!

 管理人・AA厨



1001:ゲーハー黙示録:2013/13/32(黙) 01:14:51.40 ID:他サイト様おすすめ記事
スポンサードリンク